EUSA

本日は、私のお気に入りのピアノアルバムをご紹介します♪

PNP4472 YANN TIERSEN – EUSA

2001年公開のフランス映画『アメリ』の音楽を手掛けたことでも知られるフランスのミュージシャン/作曲家、ヤン・ティルセン(Yann Tiersen)。

アメリに始まり、2003年公開のドイツ映画『Goodbye Lenin !』の音楽も手掛けていて、美しい挿入歌の数々のトリコになり、私はヤン・ティルセンの大ファンになりました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

作曲家にしてさまざまな楽器を弾きこなす才能ももっているティルセンはこれまでに、クラシック、ポップス、ロックというジャンルの違う音楽をうまく融合させています。

数あるアルバムの中でも私の一番のお気に入りは、今回ご紹介する「EUSA」です。

「Eusa」とは彼の住むフランス北西部ブルターニュの島の名前。ブルトン語でEusa、フランス語でOuessantは、ウェサン島。島の地名が曲名になっていて、Eusaの美しい風景に捧げたアルバムとなっています。

本人がご登場する動画を掲載しますね(*^^*)

収録されている楽曲は全て、どこか物悲しくもとても美しく… 親しみのある優美なメロディーで、聴き惚れてしまいます。

来日公演を心待ちにする日々(´;ω;`)

弊社では、「PNP3519 YANN TIERSEN – PIANO WORKS」のお取り扱いもございます。

ピアノが好きな方には、ぜひ弾いていただきたいオススメのアルバムです♪

LINEで送る